コトブキヤ「アズールレーン」−イラストリアス 終わらないお茶会ver. 1/7スケール−フィギュアレビュー

どうもハガネです。

今回はコトブキヤさんから発売の「アズールレーン」−イラストリアス 終わらないお茶会ver. 1/7スケール−のレビューをしていきたいと思います。

コトブキヤショップ限定品ということでなかなかなお値段するので、正直結構心配でした。自分の中ではアルターさんやAMAKUNIさん等における信頼よりも少しランクが落ちてしまうコトブキヤさん。デコマスは最高だったけど製品版はどうなるかわからんぞ・・・。と。

しかしそんな心配は杞憂に終わりました。素ん晴らしいクオリティーでした!

原型製作は榊馨(Wonderful Works)さん。ありがとうございます。m(_ _)m


全体ぐるっと

1/7スケールですが椅子に座っているので高さはそこまででもないです。

一見場所を取りそうな椅子と艤装?ですが艤装?がうまーくカーブして周り込んでくれているので、いざラックに入れてみるとボリューム感があるのにコンパクトに収まります。すごい。

あとこれは自分だけかもしれませんが、椅子にちゃんと座らせるのが初見だと結構難しかったです。椅子に座った状態で足が少し浮いちゃってる場合はまだちゃんと座らせられてない可能性大ですので要注意。

ちゃんと座らせられてない状態でも普通に安定するので、人によっては気づかない人もいそう。

全国のスムーススキン愛好会の皆さまへの報告としましては、スムーススキンほどではないですがなかなかにスベスベと言ったところでしょうか。


頭、お顔、髪の毛

瞳の塗装はちょっと光沢ありに見えるんだけど恐らくマット。髪の毛はクリアパーツにパール系塗装。しな垂れかかってる部分等は毛先に向かうにつれてクリア感が増していってます。

花の装飾がどれもとても丁寧に作られていて魅入ってしまいますね〜。


胸、背中

久しぶりに暴力的な乳。造形もさることながら、シャドーのかけ方も良いので、素晴らしい谷間を再現してくれています。


腕、手

やはりこの価格帯のものは特に心配なさそうですね。綺麗に作られています。


腰回り、お尻

ラインくっきりのお尻の画像を見てもらえるとわかると思いますが、実は椅子がなくても自立できます。それがこのフィギュアの本当にありがたいところですね。台座に固定されない系フィギュアの、「フィギュア単体でも安定している」ということの安心感ったらないです。

だからほんとスペースに困ったら椅子だけしまって飾るという選択肢も・・。

もちろん自立はしますが倒れやすさは上がりますので油断はしないように!


脚、足

ストッキング?ニーソ?ニーストッキング?はこの質感じゃなくてよかったんじゃないかな〜とデコマスの頃から思っていました。でもこのレザーっぽいツルツルも嫌いではない・・・かも。


パンツ

すみません。頑張ったんですけどうちの撮影環境じゃどうやっても上手く撮れませんでした。スリットから覗くガーターベルトまでが限界。

一応お知らせさせてもらうと、とても見え難くはあるのですが、ちゃんと造形されたガーターベルト同様の黒のランジェリーを着用なさっています。お見せできずに悔しい・・!


台座、その他

結構華奢な椅子なのでフィギュアを座らせた状態での移動は持つ場所を注意しないと破損の恐れあり。

艤装と椅子は別々のものを組み合わせるかたちです。ですので組み立てる際も椅子が破損しないように気をつけましょう。結構怖かった・・・。


以下駄文

以上になります。

値段に違わぬ良いフィギュアでした!やはり高いフィギュアは良いですね!(麻痺)

でも実際値段が上がるとクオリティーも安定している気がするので(勿論ハズレも往々にしてありますが)、そういう安心を買う意味では、割とある程度値段する方がよっしゃ買うぞってなるんですよね。

しかしながら今回のこのフィギュアを見てコトブキヤさんを侮っていたと反省しました。続くセントーには全幅の信頼寄せて楽しみに待つことにします。

ではでは、それではまた次のレビューやらで!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です