knead 【アイドルマスター シンデレラガールズ】神崎蘭子 運命の待ち人ver. 1/7スケール フィギュアレビュー

どうもハガネです!

またもや久しぶりの更新になってしまいました。

今回は早くも名作との呼び声多し、kneadさんの

神崎蘭子 運命の待ち人ver. 1/7スケールのレビューをしていきたいと思います。



東京フィギュアさんで販売、発売メーカーさんはkneadさん。

原型製作がゆうこ〜んさん。彩色を村川勝心さんが担当してくださってます。ありがとうございます。m(_ _)m

さて、神崎蘭子フィギュアといえば、そのキャラクターの人気さから今までにもプライズからハイクオリティーフィギュアまで色々と発売されていますね。

その中でも屈指の名作に数えられるのではないかと思われるのが今回の神崎蘭子 運命の待ち人ver. 1/7スケールです。

細部の作り込み、塗装の綺麗さ、驚きの仕様と、見所満載圧巻の出来。

実はこのフィギュア10月発売だったのを延期して先日に発売したんですが、納得。このクオリティーを出すためなら誰も文句は言えないです。

その分値段も凄まじいく、自分はアマゾンで予約購入で17500円くらい(とはいうものの最近このくらいのフィギュアも増えてきてはいます)でしたが個人的に全然満足度の方が高いです。

間違いなく値上がりしていくフィギュアだと思うのでまだ持ってない人ですでに購入を決意している人がいたら、こんなブログなんて読んでないでいいので今すぐブラウザバックをしてポチりにいきましょう。

ただもし値上がりしなくて安く売られ始めたりしたらごめんね・・。

もし買おうか迷っている方がいるのであれば少しでもこの記事を役立てて頂けたらと思います。それでは見ていきましょ〜!

全体ぐるっと



でかい。(そしてもちろん美しい・・・。

蘭子本体を飲み込まんとするそのウェディングドレスの大きさにまずは驚きますね。原型展示の頃から見慣れているはずなのにやっぱり手元に来ると感じずにはいられません。

このドレスをのために台座も直径20センチ超えのどでかいサイズになっているため(しかもそれでもドレスちょっとはみ出てる)飾る棚の奥行き等はしっかり調べておきましょう。下手したら入りません。

全高は台座含めて25センチくらい。

次に重い。蘭子本体がというよりはドレスがとても重い。我が家のフィギュアのパーツで一番重い部類かもしれない。

それ故に下半身がドレスの重さに揺られて結構グラグラするので組み立ての際は気をつけましょう。一度組み立ててしまえばドレスの重さで逆に安定します。

お顔、頭



フィギュアの命、お顔が非常に美しい。

改めて蘭子の美少女ぶりを思い知らされますが、それをここまでちゃんと再現してくれているkneadさんにはもう感謝しかないですね。

デコマスよりも気持ち全体的に薄くなったこちらの方が個人的にさらに好み。

目は光沢感ありのアイプリントですかねこれは。



髪の毛の造形、装飾の造形、塗装どれも素晴らしい。語彙力がないのでもう多分どこ見てもこういう感想になります。

髪の毛の塗装自体は割とシンプル目なんですが、ふんわり感と動きをしっかりと再現出来ている造形と、そこに可愛らしいお花の装飾が散りばめられて見ていて飽きないです。(てか髪のくるくる部分にお花が付いてて可愛すぎるだろ。)

細やかで美しいティアラがよく似合っているのはさすが2代目シンデレラガールといったところ。(7割ぐらい太字が言いたいだけ)

胸、背中



胸を見るセクションですが尋常じゃないパールのネックレスに目がいきます。高そう。

よく見ると鎖骨あたりに嵌め込む穴があってしっかり固定されてるんですね。自然すぎて気づきませんでした。

ドレスの背中のコルセットみたいな部分もなんか良いですね。好きです。

なんかこう、ドレスやネックレス、取り巻くものがあまりにも美しすぎて胸にあまりエロスを感じなかったんですよね。ただただ美しい・・。まあそこまで扇情的なわけでもないですからね。

・・・と思ってたんですが真横ちょい上ぐらいからの眺めは個人的に最高です。写真は撮り忘れました。すみません。

腕、手



すっかり忘れていましたがここでスムーススキン警察の方々にご報告しておきますと、今回は残念ながらシャラシャラしたスキンでした。

まあほぼ露出ないからそんな気になりませんね。

値段が高いと自ずとスムーススキンのようなすべすべ仕様だったりするかなと勝手にいつも期待しちゃうんですが、やはりアルターさんやAMAKUNIさんのようにはいかないですね。

この価格帯になるとやはり手の造形は申し分ないですね。

スカート



どう撮れば皆さんにこのドレスのクオリティーの高さが伝わるのかと思い13秒くらい考えましたがよくわかりませんでした。

たくさん撮ったので各々感じて処理していただけたらと思います。

塗装はパール塗装。というか衣装のほぼ全てがパール塗装ですね。

シャドウのかけ方やグラデーションが絶妙で非常に豪華。装飾が相変わらずきめ細かく、こちらもほんと見ていて飽きません。

フリルやリボン、ドレスの皺の表現も素晴らしいですが、個人的には一番下のレースの部分の作り込みというか細かさが好きですね。

キャストオフver.



この画像を見て何がわかるか。

そう。kneadさんはアイマスフィギュア界のディオ・ブランドーだったということです。

我々に出来ないことを平然とやってのけたんですね。

あとこの蘭子フィギュアの真横ちょい上あたりからの眺める胸はやはり至高ということもわかります。

全体ぐるっと



何が起きているんだと、そうなりませんか?

自分は混乱しましたね!

え、エッッッッッッッッッッ!!!!

だってアイマスフィギュアって普段こんなことしないじゃないですか。

こんな公式な仕様でおパンツ姿(しかもエロい!)になるフィギュアなんてまず出ないと思うじゃないですか。(以前からあったならごめんなさいね。)

やっちゃうんだもんなあ〜〜〜!!!

kneadさんやっちゃうんだもんなあ〜〜〜〜〜!!!

最初はもう娘を愛でる気持ち。父親のような気持ちで可愛いねえ可愛いねえってフィギュアを見ているわけです。

それが急に娘がマックスファクトリーさんのあのToLoveるフィギュアみたいに大変身しちゃうもんですからもう感情が迷子ですよ。

しかも表情ねこの表情

まさか自分がこんな格好させられるとは露ほども思っていない蘭子のこの純粋な表情。これがなんとも罪悪感、背徳感を刺激してくるんですねええ。

よくあるあの服が透けて見える眼鏡で下着を盗み見ているような申し訳なさ。

いまいち上手くまとめられないのでこれ以上長くなる前に諦めますが、今までフィギュアでこんな感情が迷子になるなんてことは一度もなかったので、そういう意味でも自分にとって貴重なフィギュアになりました。

お尻、パンツ



ガーター警察の皆さんも拍手の圧巻のクオリティー

可愛いお尻を包むこだわり抜かれたパンツのデザイン

無から有を作り出す神の御業

要所に寄って見てみると更にやばい。製作者に魂を感じます。

だってこれはフィギュア元のイラストにはそもそも描かれてすらいないのです。

ドレスの方はきっと全体をデザインするのでわかります。ですが下着はそもそも見えないですからね。(それかわざわざ杏仁豆腐先生がデザインしていた?!)

イラスト外も造形される。まあそれはフィギュアの醍醐味といえば醍醐味なんですが、拘りが過ぎるw

もういいじゃないかと、何故そこまでしてくれるのかと。

むしろ17500円でここまでして貰っちゃっていいのかと。そう思えてきちゃいます。

あとリボンがほんと可愛いしエロい

脚、足



綺麗なパール塗装のストッキング御御足も最高ですが、

やはりPとしてはガラスの靴に熱くなりますね

シンデレラというゲーム全体のテーマはもちろん、2代目シンデレラガールである蘭子には更に意味があるものに感じます。

そしてその小さいガラスの靴にまでお花の装飾が施されてて、ほんと抜け目がないです。

台座、その他



この余りようww

キャストオフをするとこのようなシュールな感じになりますw

台座はドレスのスカートでほぼ隠れてしまうこともあってか、イラストやロゴなども特になくまっさらですね。

あと、これは個体差だと思いますが、結構台座に足を差し込むのがのが大変でした。

ドライヤーとかでフィギュアを少し温めて動きやすくしてからの方が差しやすいかもしれません。(温めすぎは厳禁)



ブーケがまた美しい・・・!彩色造形どれをとっても素晴らしい・・・!(胸じゃなくブーケを見よう!)

純白のドレスにこの色鮮やかなブーケが映えててほんと綺麗ですよね。

持つ部分もしっかりと固定されるよう作られていて経年によって持ち手から落ちやすくなったり緩くなったりすることもほぼ無いかと思われます。


以下駄文

今回は以上になります。

神崎蘭子 運命の待ち人ver. 1/7スケール レビューでした。

随所に拘りが散りばめられた素晴らしいフィギュアでしたね!

ちなみに皆さんは通常とキャストオフどちらで飾りますか?

自分は結局罪悪感に耐えきれないのとスペースがもったいないのとで撮影後はしっかりとドレスを着てもらって飾っております。笑

可愛い〜〜〜〜!!!

いやあ改めまして、kneadさんがやってくれました。本当にありがとうございます。

しかもこれ何が凄いって、

今後にみくにゃんこと前川みくとナターリアのウェディングフィギュアが控えていることなんですよね。

今回の蘭子のクオリティーにより俄然楽しみになってきましたね。

蘭子よりは罪悪感に苛まれることもなく見れそうな気がする(それはそれでダメでは)ので、是非キャストオフ仕様とこの拘りクオリティーは引き継いでいってほしいです。

更に作品は全く違いますが、アズールレーンからもウェデイング衣装のフィギュアが出る予定と、kneadさんほんとわかってらっしゃる。


さて、話は戻りますが、神崎蘭子 運命の待ち人ver. 1/7スケール

買おうか迷っている方は買いましょう。もし蘭子Pの方でしたらなおのこと。

後悔はしないと思いますよ!


ここまで見てくれた方はありがとうございました!

コンスタントに記事をあげる力をつけたい。

それではまた次のてビューやらで!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です